• デイトレードを行う投資家
  • デイトレーダー



バイナリーオプションとFXは何が違うか



バイナリーオプションとFXを比較してみる
バイナリーオプションとFXは性質の異なる取引ですが、両方を併用しているトレーダーが多いことや、どちらもネットで取引ができることから、同一に扱われてしまっているケースもときどきみかけます。俗にバイナリーオプションのほうが初心者向き、といわれることもありますが、どのような点からそう判断されているのか、バイナリーオプションとFXの取引について比較してみましょう。

goldまず取引の形態 ですが、バイナリーオプションでは二者択一、商品の値段があらかじめ定められた権利行使価格よりも上がるか下がるかを予測し、予測が与えれば投資金額の200%にペイアウト率をかけた金額が利益に、予測が外れれば投資金額分が丸々損失になります。

対してFX海外の場合には、売りの注文を出した時点で1度商品や通貨を手元においているようなもの、と考えるといいでしょう。値上がりしたときに買いの注文を出せば、その差額が利益となる仕組みです。バイナリーオプションに比べ、チャートや情勢の読みがより深く必要になる、ということがお分かりいただけると思います。

FXとバイナリーオプションでは証拠金の扱いも違う
では、もう少し違いを明確にするために「証拠金」についてみていきましょう。FXではその正式名称である「外国為替証拠金取引」からわかるように、証拠金によって取引をします。けれどもバイナリーオプションでは、証拠金が必ずしも必要ではありません。

バイナリーオプションで証拠金が必要のない理由は、投資が少額であるということが大きく関係しています。自分の好きな金額を入金してそのお金で取引をするので、証拠金がいらないということです。ですが、損失が出る場合はそうもいきません。バイナリーオプションの証拠金設定は主に利益率が高い、つまりペイアウト率が高い業者ほど高くなっていることが多いですが、業者によって扱いは違ってきます。いずれにしても証拠金はバイナリーオプションなら全く不要と思い込んでしまわないようにしましょう。

取引は何を単位に行われているか
FXの場合には、通貨を取引します。取引の単位は最少通貨からとはさすがにいきませんので、1万などまとまった数の通貨が単位になっています。ですがバイナリーオプションの場合には、毎回権利を購入する、という仕組みになっているので、購入した1回の取引分の権利が取引単位となります。

バイナリーオプションとFXの損失の出方の違い
バイナリーオプションのメリットとしてよく取り上げられることに「損失額があらかじめ確定している」ということがあります。バイナリーオプションでは、予測が外れて損失が発生する場合に、その損失額は投資金額そのもののみです。ところがFXの場合には、どんどん値下がりすれば損失も相応にふくらんでしまいます。つまり、FXの買いと売りをセットで1つの取引と考えてみると、FXでは取引開始時に損失額が確定していないということになります。あらかじめ損失額がわかっていたほうが、当然リスク管理もしやすく、バイナリーオプションがバイナリーオプション 初心者向きといわれる理由になっています。最後になりますが、何を始めるにも、リスクを最小限まで抑える為に、まず自分なりに勉強し、知識を貯える事が必要です。世界の経済状況を把握する他に、経験者の話を参考にする事も大切です。今日では、オンライン上で様々な情報が出回っています。バイナリーオプション ブログなどを参考にして自分に合った取引スタイル、業者を把握しておきましょう。