• デイトレードを行う投資家
  • デイトレーダー



超短期決戦で利益を上げる



投資取引であるFXには、色々な投資のスタイルがありますが、その中でも極めて短い時間で決着をつけるものを、「スキャルピングトレード」といいます。
スキャルピングは数十秒から数分、長くても数十分の期間で1回の取り引きを終えます。このぐらいの時間幅ですと、それほど大きなレート差は出ませんので、一回での利益はそれほど大きくありません。しかし、その取引時間の短さを利用して、投資自体を何回もこなし、この小さな利益を積み上げて大きなものにしていくのです。
ちまちまとしていて効率が悪いと思うかもしれません。たしかに、期間を広く取る投資スタイルよりも劣るかもしれません。しかし、一回の利益が少ないということは、その分、損失のリスクも小さくなり、また、取引回数が多い分だけ、小回りが利く利便性と戦略性に富んだ投資スタイルだと言えます。
スキャルピングでは、比較的リスク管理がしやすいので、その分リラックスして集中することができますが、常に為替相場の変動に注意し、一瞬の判断を連続させていかなければいけないため、精神的な疲労が蓄積しやすくなります。疲れてしまえば判断力が鈍っていってしまいますので、こまめに休憩を取ったり、時には投資そのものを休んで、隊長の充実を図ることも忘れてはいけません。
また、一回ごとのリスクが低いという事を過信してしまうと、ついつい少しの損失なら良いだろう、という気持ちも出てきてしまいます。しかし、もともと積み上げている利益が少ないので、この一回の損失は実は重大な損失の第一歩につながっているのです。行っているのは投資取引で、利益を産むのと同様に損失も招きます。そのことを決して忘れないように、綿密なリスク管理も必要になってきます。

投資スタイルの他に注意するべき点では、取り引きしている業者の形態や能力も大きくかかわってきます。
短期間での売買を積み重ねていくスキャルピングでは、取引回数もぐんと増えます。利益も少ないので、取引手数料のコストが重く圧し掛かってきます。また業者に徴収されるスプレッドも馬鹿にならなくなっていきますので、この二つがなるべく低い業者を選定することも非常に重要です。
取引業者の約定力、こちらの注文を確実に確定させる力も重要な項目になってきます。
スキャルピングでは、時に数秒の値動きを追いかけます。この動きに対する発注を即時に確定できなければ、取り引きをそのものが成り立ちません。
インターネットやシステムサーバを介した取引方式が、いつでもどこでも投資が行えるFXの魅力でもありますが、刻一刻と動く為替相場とはどうしてもタイムラグが生じてしまうことがあり、これをスリッページと呼びます。
スリッページは場合によっては非常にリスキーで、例えば為替レートを見て100.00円だったものが110.00円になったので売り注文を出したのに、実際の注文確定がされた時にはレートが下がって98.00円でなされてしまい、10円の利益が、なぜか10円の損失になってしまったりします。

このような事を防ぐためにも、処理能力の高いサーバーを配した約定力に強さがある取引業者を選考するべきです。
また、重要な経済指標の発表前後や休み明けの朝など、市場自体に注文が殺到してスリッページが発生する場合もあり、また、相場も不安定で乱高下が起こりやすくなります。こういう時はスキャルピング自体を控えることも、リスク回避につながるでしょう。
小さな利益を地道に積み上げていく方法は、ある種確実な投資とも言えます。こうしたコストやリスクによって、一瞬で利益が無くなってしまう、あるいは損失になってしまうことを考慮し、しっかりと経験を積んでマネジメントをしていけば、きっと勝率を上げることができるはずです。